5月の湘南で美味しい食べ物と童心に返る体験に出会う~湘南 SEASIDE WALKレポート~

こんにちは。ぬーいーです。
先月5月14日に開催した「湘南 SEA SIDE WALK」は、湘南在住の私でも非常に新鮮な体験ができた、楽しいイベントとなりました。

Kamakura_St.集合場所はこちら、鎌倉駅西口広場。時計塔が目印です。
実はこの日、私は集合時間の1時間以上前からいたのですが、私たちとは別のウォーキンググループが数多く集合していました。


shiori実は「Walk with PASONA」のイベントには、毎回しおりを作って皆さんにお配りしています。表紙はパソナ・横浜の方が描いてくださいました。

中身は当日の流れや地図に加え、コースにまつわる小話を満載。
今回のテーマは「湘南の歴史」。調べているだけでも面白い話がいっぱいわかり、しおりを作りながらも勉強になりました。

湘南の語源がそもそも諸説あり、それぞれの説によって「湘南」の範囲を決める定義が異なっているから、現在湘南の定義があいまいだったんですね。


003いつも通りに簡単に体操をして、鎌倉駅をバックにさあ出発!


御成通りを歩こう

Onari-Dohri鎌倉と言えば若宮大路のイメージがありますが、今回は御成通りを使って海に向かいます。
御成通りは若宮大路と平行して南北に走る道で、今回は石畳の道に、おしゃれなカフェや楽しそうな雑貨屋が立ち並ぶ商店街を抜けていきました。


005土地勘のある弊社の「まさ」が一行を案内、県道311号鎌倉葉山線を西に向かいます。
この日の美味しいもの食べ歩き第一号は「麩帆(ふはん)」。生麩のおまんじゅう「麩まんじゅう」をいただきました。
Fu-manjuuとても瑞々しいおまんじゅうで、小さいながらもメンバーの表情もほっこり。

そこから少し歩いて長谷寺へ到着。

Hase-temple
一番上の眺望散策路まで上ってみましたが、天気にも恵まれとても良い景色を見ることができました。
弁天窟にも行ってみましたが、中はとてもひんやりしていて、別世界のようでした。

009

長谷寺でちょっと長めの休憩。
あまりにも景色が良かったのでスマートフォン片手に写真を撮り続けていたところ、足元が疎かになりすってんころりん。
ケースとカバーガラスをつけていなければ修理コースでした。皆さんもお気をつけください。

気を取り直して海岸へ出発。
010海産物の販売店が多く立ち並ぶ通りを歩いている時に、参加者の方に「アカモク」を教えていただきました。とても美味しい海藻らしいのですが、鎌倉以外の関東圏ではなかなか手に入らないのだとか。


kamakura-beach坂ノ下交差点にて海岸へ到着。

しばらくは道なりに歩きます。
夏ほどの本格的な暑さはなく、歩くのにとても気持ちがいい気温でした。

ウォーキングというよりは散歩のペースでゆっくりお喋りをしながら歩いていきます。


稲村ケ崎海岸をはだしで歩こう!

013気付くと稲村ガ崎に到着していました。この地は鎌倉時代末期の新田義貞の伝説や、明治時代の近代細菌学の祖であるロベルト=コッホ博士の碑文など、様々な見所がある場所なのですが今回は休憩地点。

ちょっと休憩をしてまた134号に戻って歩く……予定だったのですが、ここでみんなで急遽海岸を裸足で歩くことにしました。
裸足で歩くなんて私自身もかれこれ20年ぶりくらい。
ジーンズの裾を捲り上げて踏み出した砂浜は、ちょっと石がゴツゴツしていたものの、歩いている分には足に怪我を負うようなものでもなく、スイスイ歩いていけます。

波打ち際を歩いていると、波が裸足の足にかかってきます。冷たいのですが、これがまた気持ちいいのです。さっと寄せては引いていく波にあえて足がかかるコースを取りながらみんなで歩いていきます。

014

実際に後ろからみんなで歩いている様子を見ると、何かのドラマの1シーンのよう。
参加したメンバーの皆さんにとっても非常に新鮮だったようで、全員ニコニコしながら稲村ケ崎海水浴場の砂浜を歩いていました。

ダブルドアーズ 七里ヶ浜店 で一休み

double-doors砂浜を歩いた後は一休みということで、ちょうど目の前にあったレストラン「ダブルドアーズ 七里ヶ浜店 」で小休止。もはやウォーキングというよりも観光になっているような気もしますが、Walk with PASONAは「歩いて楽しむ」を主眼に置いておりますので、こういったイベントがほとんどです。


お昼ごはんは江の島で生シラス丼、という方も多かったので、がっつりお昼というよりはちょっと小腹に、という注文。美味しいアイスクリームやアツアツのピザをみんなでつまみました。

016
inamuragasaki稲村ケ崎を出発。
一休みできたおかげか、ゴールに向けてメンバーの足取りはいたって軽やか。
すいすい進んでいきます。


しばらく歩いて見えてきたのは鎌倉高校前駅。

018ここの踏切はアニメ「スラムダンク」のオープニングの1シーンで登場した踏切のモデルとして知られ、この日も台湾などからの観光客でいっぱい。私たちも写真を撮影してみました。
この日はなんとタキシードとウェディングドレス姿のカップルも。

参加者も「わざわざ何もないこんなところまで来るなんて!」とおっしゃっていましたが、「シティーハンターの大ファンの方が新宿東口の掲示板を見に行くようなもの」という表現で「あーなるほどー」とご納得いただけたようです。

019小動岬を越えて、腰越海岸へ。ここまで来ると江の島もかなり大きく見えてきます。

この日は寄りませんでしたが、小動岬は実は江の島撮影の穴場。夕方などは非常に綺麗な写真を撮ることができます。

シラス丼で頭がいっぱいのメンバーもいて、ラストスパートです。

 

江の島海岸到着

約7kmちょっとで、いつもより少し長めの距離でしたが、色々なイベントあり、美味しい食べ物ありで楽しくゴールできました。

次も楽しく歩きたいところですね。

020
さて、イベントはここで終了、解散したのですが有志で江の島に渡り、生シラス丼を食べに行きました。

行ったお店は「きむら」。様々なメディアで紹介されている定番のお店です。
私は二色のシラス丼を注文。生シラスと釜揚げシラスの両方が一度に楽しめる、定番の丼です。
釜揚げの風味とほのかな甘み、生のツルンとした食感と苦味のコラボレーションがまたご飯に合うのです。30分前後待ちましたが、その甲斐は十分にあったといえます。

021

湘南の生シラスの季節が次に来るのは10月。秋も深まった頃であれば涼しく歩けると思います。昼は鎌倉、夜は江の島といった観光も可能かと思いますので、秋の行楽を検討されている方は、是非候補に入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です