暖かい夜の千鳥ヶ淵をゆったり歩く~東京 YOZAKURA WALK 2018~ レポート

桜満開の時期、夜のウォーキング社内お花見会も4年目を迎えました。
今年も、グループ会社「パソナハートフル」のメンバーたちと一緒に、東京駅日本橋口から九段下駅まで歩きました。

まずは事務局よりご挨拶し、当日の進行をお伝えします。

今回から「しおり」がバージョンアップ。携帯性に優れるお土産となりました。
一瞬写真に見えましたが、グループ会社のメンバーが書いたイラストだそうです。絵が描ける人ってすごいなあ、といつも思います。

準備運動。アキレス腱を中心に、今回は軽めに曲げます。

出発。永代通りを皇居側に歩き、内堀通りを反時計回りに竹橋方面へ歩きます。

竹橋駅前で桜発見!とざわめく理由

ここで幸運にも、満開の桜に出会えました。竹橋駅入り口の桜。

去年は3月下旬に開催したら満開前だったので、今年は4月の上旬に日程をセット。
今年は満開か、散り始めに出会えるはず……!だったのですが、自然って怖いです、ホント。

今年は東京の桜が満開になったのが3/28。平年よりも10日も早かったのです。

様々なサイトを調べてみると、桜の開花期間は約1週間。ソメイヨシノは満開から3日で散り始める、というデータがあります。

この4月4日時点では、実は皇居周辺の桜はかなりの数が散ってしまっていましたが、この桜はまだまだ咲き誇っていました。

この夜はとても暖かく風もなかったためとても歩きやすく、道中は散った桜もあればまだ咲いている桜もあり、一本一本ドキドキしながら見て歩きました。

2018年の千鳥ヶ淵ライトアップ!

 

千鳥ヶ淵到着。ライトアップも予定通り実施されていました。
綺麗な満開の花……と一見すると感じるのですが、実はこれ、葉桜です。

右側の葉っぱを見れば、同じ木、同じ葉桜だと形でわかるかもしれません。

それでもここまで綺麗に映っているのは、千代田区の皆さまの工夫の賜物だと思います。

桜の多くが散っているためか、千鳥ヶ淵緑道は人もまばらでとても歩きやすく、ウォーキングする側としては楽しく歩くことができました。

空いていたため、桜が散っていた以外のトラブルもほとんどなかったのはとても良かったと思います。

この写真を撮影した場所も、例年なら人でいっぱいで、とても写真を撮影する余裕などない場所だったりします。

千鳥ヶ淵の桜は大部分が散っていましたが、参加メンバーの心の桜は満開だったかな、と事務局メンバーで話していました。

参加メンバーの皆さま、来年は心の外も満開の桜を見に行きましょう!

お疲れさまでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です